人妻火照り【第四章】 vol.3

人妻火照り【第四章】 vol.3

出演応募の人妻からの依頼で彼女の自宅を訪れる監督。すると人妻はセフレとのセックスを撮って欲しいと言い出し唖然とする監督の前で若いツバメとやり始める。いざ脱いでみると浅黒い肌に爛れた豊乳がエロい肉食系ボディの人妻。マッチョボディなツバメとやった後も物足らず、監督を誘ってローターオナニーみせて挑発。パイズリまで繰り出してひるむ監督をその気にさせて痴女テイストな絡みを展開、チンポを握り締め絞るように手コキして口元に発射。

罪~とある農村で起きた誘拐事件~

街を歩いている清純そうな女に声をかけて駅まで行く道を聞くと、丁寧に教えてくれるた。ちょうどこの女も駅に行くようなので一緒に車に乗りながら、駅まで行くことになり、車に乗せたところをクロロフォルムで意識をなくする。女が目をさめた所は古びた農家の倉庫だった。そこで男達に飽きるまでまわされ、飯をやるからここに住めといわれる。拉致した女集めて、会員制の売春小屋を作るらしい


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です